今日の玩具
〜kyou−no−omotya〜


「マシンロボムゲンバイン ムゲン四聖獣」
(06/01/19分)



食玩ムゲンバインに待望の第二弾が登場。
四星獣モチーフのオリジナルメカと、それに対応した食玩仕様のムゲンロイドがラインナップ。
発売中のランドバインとの連動や、巨大ロボへの合体も可能な優れもの、
「マシンロボムゲンバイン ムゲン四聖獣」を紹介!!



1.ムゲンセイリュウ(アニマルモード)
青龍型の小型ムゲンバインで、伝説の武器となるムゲン四聖獣の一体。

キットは半完成品。角の灰色部分や、側面の模様などはシールで再現されています。
龍の瞳は塗装済み。



顎が開閉します。



同じ東洋龍モチーフのテイオウリュウと比較。
ムゲンロイドがない分、より龍らしい姿に。後ろ足がないのが残念なので、
二つ買ってきて脚の追加+身体の延長に挑んでも面白いかも。



食玩とは言え、ジョイント径が同じ(一部非対応)なので
このように本家シリーズと合体もできます。双首竜にムゲンバイン。



パーツ構成。
オフィシャルの合体では身体は前後に分けるのみなので
あまり分割することはないかも知れません。



セイリュウキャノン

身体を前後に分割し、ウェポンモードに。



同シリーズのムゲンロイドに装着。
龍の口部と尾の先端が強力なキャノン砲に変形!!



別売りのムゲン合体シリーズ・ワンリキグマへの装備例。
ムゲンロイドに取り付ける場合とはジョイント位置が異なります。
四聖獣はそれぞれが四体のライドバインに対応している設定です。



2.ムゲンビャッコ(アニマルモード)
白虎型の小型ムゲンバインで、伝説の武器となるムゲン四聖獣の一体。

キットは半完成品。青い縞模様はシールで再現。目は塗装済み。
尻尾に当たるパーツが二本ある、面白い処理。



非常にスマートなアニマルモード。残念ながら口は開閉できません。



ワンリキグマと大きさ比較。
ビャッコは四聖獣の中では小柄な部類です。



パーツ構成。
ビャッコは一番ばらす機会が多いポジションです。
パーツの構成も四体の中では一番複雑。



ビャッコスピア

尻尾を柄に、脚を刃先にして双刃の槍?に変形。



ムゲンロイドには、ビャッコの上半身内のジョイントを使って持たせます。



ビャッコはムゲン合体シリーズ・テイオウリュウに対応。
ムゲンロイドとはやはり持たせ方が異なります。



3.ムゲンスザク(アニマルモード)
朱雀型の小型ムゲンバインで、伝説の武器となるムゲン四聖獣の一体。

キットは半完成品。翼の模様、嘴など広い範囲がシールとなっています。
瞳と、内蔵された合体ロボ用の頭部は塗装済み。



前後。分かりにくいですがちゃんと脚もあります。



ウズマキドリと比較。
300円とは思えないほどの大きさ。5種の中では最大です。



パーツ構成。
パーツ単位でもかなり大きな内訳になっています。



スザクシールド

ウェポンモードは大型の盾に変形。



ムゲンロイドには、裏から拳を差し込んで持たせます。
ムゲンロイドが迫力負けしてるね…



アニマルモードの脚パーツをつなぎ合わせて持ち手にし…



ムゲン合体シリーズ・ウズマキドリに装備。
ちなみにジョイント径が合っていなくてちゃんと固定されません。(汗)

2ページ目へ


今日の玩具へ