今日の玩具
〜kyou−no−omotya〜


「冒険携帯アクセルラー」「アクセルラーホルダー」
「冒険武装サバイバスター」


(06/02/19分)



「冒険武装サバイバスター」
銃から剣に姿を変えるボウケンジャー5人の共通武器。
専用のホルスターとボウケンチップ5枚付属



サバイバスター
ボウケンジャーが装備する特殊ガン。強力なエネルギー弾を連続発射する
ボウケンジャーのメイン武器。



反対側。
丸い可動部分はスピーカー。



銃底に電源スイッチがあります。オンにすると「ピピッ、ガシャッ」という起動音と共に左側面のLED発光。



引き金を引けば「ドキューン!」と言う銃撃音と共にLED発光。



銃口付近と、後部パイプ部分アップ。
銃口の発光がないのは残念ですが結構複雑な形状をしています。



サバイバスターからサバイブレードに変形。
黄色い○の部分の解除スイッチを押しながらグリップ部を伸ばします。



「グィーーーーン…ガシャーーン!!」と言う変形音が鳴り、各部が連動変形。



グリップを伸ばすと動力パイプ部分が移動。
銃口に繋がるシリンダー部分がスライドします。



ブレード部分が連動展開し、銃口部分が伸びます。



サバイブレード

サバイバスターが変形した剣。鋼鉄をも一撃で真っ二つに切り裂く鋭い剣。



反対側。



引き金を引けば、「ジャキーン!」と言う剣戟音が鳴りLED発光。



ホルスターを側面のジョイントに差し込んで回転させ取り付けます。



ホルスターのフックをズボンやベルトにはさんで使用します。



付属のボウケンチップは5枚。
アクセルラーのボウケンライトで数字の1〜5が浮かび上がります。



2006年度の新戦隊轟轟戦隊ボウケンジャー
メインアイテム2+1種でした。
アクセルラーは変身、マシン発進、ロボ合体と、昨年度と同様のシチュエーションが楽しめますが、
昨年がボタンで呪文の組み合わせを選択するのに対して、
各ボタンがマシンに対応、マシンの組み合わせでダイレクトにロボのフォーメーションを選択出来るなど、
昨年よりもよりわかりやすく、劇中イメージを再現できるように進歩していると感じます。

サバイバスターはギミックこそ銃→剣に変形とスタンダートで、ライトサウンドも最低限と、
さみしい感じがしますが変形時のエンジン音のような変形サウンドが迫力があるのと、
(蛇足ながら、変形途中で止めるとずっと変形音が鳴り続けます。)
各部の連動が非常に心地よく、このタイプの武器ではかなり完成度が高いです。
変形ギミック“のみ”にこだわった結果なのかも。

なんにせよ、どちらもかなり好印象で、滑り出しはまずまずと言った感じですね。



パッケ−ジ。

1ページ目 冒険携帯アクセルラー アクセルラーホルダーへ

今日の玩具へ